スポンサーリンク

【アーチェリー】ベアシャフトチューニングのやり方と調整方法をやさしく解説

チューニング




こんにちは、ケロクマです。

  • 今使っている矢の硬さが合っているのか知りたい
  • ベアシャフトチューニングのやり方を知りたい
  • 矢が硬いor柔らかい場合の調整方法を知りたい
  • なんとなく矢飛びがおかしい気がする
  • 今のセッティングが本当に自分に合っているのか確かめたい

など、今使っている道具やセッティングなどが自分に合っているのか悩んでいますよね。

 

チューニングも色々な方法がありますが、矢の硬さとノッキングポイントの高さが合っているか確認する方法の1つにベアシャフトチューニングがあります。

  • ベアシャフト:羽がついていない矢のこと。
  • 矢の硬さ:専門用語でスパインと言います。矢のスパインが合っているかと言われたら、ポンド数に対して矢の硬さが合っているか否かという意味です。

矢の硬さとノッキングポイントの高さは当たりにも大きく影響するため、ズレていると当たるはずのものが外れたりします。さらに、ミスの影響も受けやすいため、8点で止まるミスが6点まで飛んでいくことも。

 

チューニングが合っているか否かで大きく結果が変わります。それくらい道具のチューニングは大切です。

 

そして、チューニングが合っていないがためにもったいないミスをしないために今回は、「ベアシャフトチューニングのやり方と調整方法」を解説します!

 

【今回の記事を読むメリット】

  • ベアシャフトチューニングの正しいやり方がわかる
  • 今使っている矢があなたに合っているかがわかる
  • ズレている場合の調整方法がわかる
  • より自分に合ったセッティングにできる
  • 正しいチューニング方法がわかる


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら. 新規会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました