【アーチェリー】フォロースルーでグリップを掴んでしまう3つの原因と修正方法

グリップ





こんにちは、ケロクマです。

  • 射った瞬間、弓が落ちるのが怖くてグリップを握ってしまう
  • グリップを掴むクセを治したいけど修正方法がわからない
  • リリースで弓を離すのが怖い

など、どうすればグリップを掴まずに弓を離せるのか悩んでいませんか?グリップ掴んでしまう原因は大きく分けて2つ。それはメンタル的な部分と技術的な部分です。

 

原因がわかれば正しい修正方法を実施できるため、修正スピードも早くなります。

 

そこで今回は、アーチェリー 歴7年で、高校生の時にUー17(17歳以下日本代表選考会)に出場したり、大学生の時には全日本室内で9位になったケロクマが「フォロースルーでグリップを掴んでしまう原因と修正方法」を解説します。

 

【今回の記事を読むメリット】

  • グリップを掴むクセをなくす方法がわかる
  • 弓が真っ直ぐ飛び出すようになる
  • リリースでグリップを掴まなくなる




グリップを掴んでしまう原因

グリップを掴んでしまう主な原因は3つあります。

  • ボウストリングが長すぎる、もしくは短すぎる
  • グリップを掴むクセが付いている
  • グリップの握り方に問題がある

 

ボウストリングが長すぎる、もしくは短すぎる

ボウストリングの長さが長すぎたり短すぎるとグリップを掴みやすくなってしまいます。

  • 長すぎる→フォロースルーで飛び出した弓を掴もうとしてグリップを掴みにいってしまう。
  • 短すぎる→弓の飛び出しを抑えてしまうため、手の中にグリップが残り、グリップを掴みやすくなる。

 

適正なボウストリングの長さは、ボウストリングを付けて弓を離したときに手の中にグリップが収まるくらいです。

 

KEROKUMAのボウストリングの長さ。手のなかにグリップが収まるようになっている。

あなたのボウストリングは適正な長さになっていますか?

 

グリップを掴むクセが付いている

ボウストリングの長さが適正でもグリップを掴むクセが付いているとフォロースルーでグリップを掴んでしまいます。

グリップを掴む1番の原因は「弓を離すのが怖い」という心理的な部分が影響しています。

 

グリップを掴むクセを治すためには弓を離しても怖くないというのを身体に覚え込ませることがコツ。

グリップの持ち方に問題がある

グリップの形が正しくないとフォロースルーでグリップを離そうとしても掴んでしまいやすくなります。そのため、まずはあなたのグリップが正しい位置、持ち方をしているか確認してみましょう。

 

【正しいグリップの持ち方チェック】

  • ✅生命線とグリップの際が合っているか
  • ✅グリップと触れている面全体で押す形になっているか
  • ✅4本の指は弓を持つより添わせるような感じになっているか
  • ✅手の角度が35〜45度になっているか
  • ✅手首が内側に入りすぎている、もしくは外側に逃げていないか

KEROKUMAのグリップ。

図でみるとこんな感じ。

正しいグリップの持ち方について詳しく知りたい場合は以下の記事を参考にしてみてください。

 

フォロースルーでグリップを掴む持ち方で1番多いのはグリップに添わせている4本指が弓を完全に持つような感じになっていること。

チェ・ミスン選手のグリップ。4本指には力が入っておらず添えるだけになっている。

この状態からフォロースルーでグリップを離せるなら大丈夫ですが、持ってしまう人が多いです。




グリップを掴むクセを修正する5つの方法

ここまででグリップを掴んでしまう原因がわかりましたね。では、5つの修正方法を紹介します。

  • ボウストリングの長さを調整する
  • グリップの形や握り方が間違っていないか確認する
  • フォロースルーを2〜3秒キープする
  • ボウストリングを外して射つ
  • グリップをグーからパーにするイメージで射つ

ボウストリングの長さを調整する

ボウストリングが長すぎたり、短すぎたりしてもリリースでグリップを掴んでしまう原因になるとお話ししましたね。

 

ボウストリングの適正な長さは、ボウストリングをつけて弓を離したときに自分の手の中にグリップが収まるくらいの長さ

 

  • 短い→弓が飛び出してしまうのを抑えることになる
  • 長い→弓が飛び出しすぎて自分からグリップを掴みにいく

KEROKUMAのボウストリングの長さ。横から見たバージョン。

KEROKUMAのボウストリングの長さ。手の中に収まるようになっている。

まずはボウストリングの長さが適正かどうかを確認しましょう。

 

 

グリップの形や握り方が間違っていないか確認する

グリップの形や握り方が間違っていると、フォロースルーででグリップを掴みやすくなります。基本のグリップは、『親指の付け根を中心として壁を押すように的に向かって真っ直ぐ押すこと』です。

 

グリップの押す位置が少し外側になっているとリリースで弓が飛び出す時に手で持ちやすくなり、結果的にグリップを掴みやすくなります。

 

フォロースルーを2、3秒キープする

フォロースルーでグリップを離すのが怖いというメンタル的なところがある場合は、フォロースルーで2〜3秒ボウストリングだけで弓をブラブラさせましょう。

 

弓を離してもボウストリングが支えてくれる安心感が出てくるためグリップを掴みづらくなります。また、ボウストリングが弓をキャッチしてくれることを身体に覚えさせることで弓を離す怖さがなくなります。

グリップを掴むクセを強制的に治す方法

グリップを掴むクセは、グリップの持ち方などが積み重なった結果です。そのため、今まで紹介した方法で修正が難しい場合は強制的に修正する必要があります。

その方法とはボウストリングを外して射つこと。長距離(60mや70m)ですると怖いので30mなどの短距離で行います。

 

【練習の目的】

ボウストリングをつけずに射つと弓が自動的に前に飛び出し、グリップを掴むスキを与えません。そのため、弓を物理的に手から離すことができ、弓を掴むクセを修正しやすくなります。

 

【やり方】

やり方はいたってシンプル。ボウストリングを外して射つだけです。

ボウストリングをつけないため、射ったときに弓をキャッチする人が必要です。

【弓をキャッチする人】

  1. シューティングラインよりも少しだけ前に出て、弓の横に身体を持ってくる。間違っても弓の前(矢が飛んでいく方向)に身体を持ってこないこと。
  2. ドローイングあたりからセンターの下に手を伸ばしキャッチする体勢を作る。
  3. リリースと同時に弓をキャッチ。

 

リリースでグリップをパーにするイメージで射つ

もし、弓をキャッチしてもらえる人がいない場合はリリースでグリップをパーにすることから始めましょう。

グリップをパーにすることで弓を離す練習にもなります。

グリップをパーにするのは最初のみで少しずつ自然に離せるようにしていく必要があります。

 

まとめ

今回は『フォロースルーでグリップを掴んでしまう原因と修正方法』について解説しました。

 

グリップの基本は壁を押しているのと同じで弓からの力を支えているだけです。そのため、弓を持ってしまう=弓が真っ直ぐに飛び出していくのを邪魔していることになります。

 

弓の飛び出しを邪魔すれば左右ブレにつながり、10や9に当たるものが8や7などに外れる原因にもなります。

ちゃんと射っているのに外れるのは嫌ですよね。そういったことを防ぐために正しいグリップの形を身につけてフォロースルーで弓を掴むクセを治していきましょう。

 

それでは、次回ブログで!




コメント

タイトルとURLをコピーしました