【アーチェリー】押し手の肩が詰まる5つの原因と解決方法を解説

押し手




こんにちは、ケロクマです。

  • ドローイングやアンカーで押し手の肩が詰まってくる
  • 押し手の肩が詰まってきてクリッカーが切れない
  • 疲れてくると、押し手の肩が詰まってくる
  • 楽に押し手が支えられるようになりたい
  • 押し手の肩を下げたいけど、何が原因なのかわからない

など、押し手の肩がつまってきてどうすればいいのか悩んでいませんか?押し手は悩んでいる人が一番多い部分。今まで教えてきた人も押し手で悩んでいる人が大半でした。

 

アーチェリーで当たるかどうかは全て押し手にかかっています。トップ選手で押し手がブレブレだったり、詰まっているのに当たっている選手はいませんよね。フォロースルーでめちゃくちゃに弓を振っている選手でも押し手の肩は詰まっていないですよね。

 

極論、押し手さえできていればどんな射形をしても当たります。逆を言えば押し手ができなければ何をしても当たりません。

 

私も押し手が詰まっているせいで思うように当たらない期間がありました。しかし、肩が詰まっている原因を突き止め、原因に合った解決方法で修正したら今では安定感のある不動の押し手になりました。

 

押し手の肩が詰まってくるのには必ず原因があります。原因さえ知っていれば解決できますが、原因がわからないと何をやっても解決できません。

 

押し手の肩が詰まる原因を突き止めて早く解決したいですよね。できることなら二度と押し手で悩みたくないし、トップ選手のような不動の押し手にしたいですよね。

 

そこで今回は、「押し手の肩が詰まる5つの原因と解決方法」を解説します!

 

 

【今回の記事を読むメリット】

  • 楽に弓を支えられるようになる
  • 押し手が詰まらなくなる
  • 楽に弓を支えることができ、引き手も安定する
  • クリッカーがスムーズに切れるようになる
  • トップ選手のような押し手の作り方がわかる

 



 

 

押し手の肩がつまってくる原因は主に5つ

押し手の肩がつまってくる原因は大きく分けると5つあります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら. 新規会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました