【アーチェリー】セットアップで肩が上がる原因と肩を下げる3つのコツを解説

射形

 

こんにちは、ケロクマです。

  • セットで肩を下げてもセットアップしたら肩が上がってくる
  • 肩を下げたままセットアップする方法がわからない
  • 何をやってもセットアップで肩が上がってくる
  • 背中を使って引きたいのに肩が上がってるせいで上手くいかない
  • そもそも肩を下げる方法がわからない

など、肩が上がってきてどうすればいいか悩んでいますよね。私も肩がなかなか下がらなくて悩みました。

押し手、引き手共に肩が上がっていると、

  • 背中を使って引けない
  • 押し手の肩が詰まる、負けてくる
  • 腕引きになってしんどい
  • 重心が上がる
  • 疲れやすい

などのデメリットしかありません。

 

肩が上がっている状態=肩甲骨が開いている状態です。つまり、肩が上がらないようにするには、肩甲骨が開かないようにすることが大切。

 

肩甲骨の開き具合を最小限に抑えることができれば、

  • ドローイングで背中を使って引ける
  • 押し手の肩が詰まったり負けてこない
  • スムーズに楽に弓を引ける

など、今よりも射つのがグッと楽になるでしょう。

 

そこで今回は「肩を下げたままセットアップする3つのコツ」を解説します。

 

【今回の記事を読むメリット】

  • セットアップ時、肩が上がらなくなる
  • 肩を上げずにセットアップする方法がわかる
  • 肩を下げるコツや動きがわかり、今よりも楽に弓を引けるようになる

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら. 新規会員登録はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました